不動産の売買・贈与・相続、会社法人の設立・組織再編、各種登記や訴訟に長年の実績と信頼ある司法書士事務所

担保物権

担保物権

債権の担保のために、目的物の交換価値を支配することを目的とする制限物権。
民法では留置権(民295)・先取特権(民303)・質権(民342)・抵当権(民369)の四種を定める。担保物権は、附従性随伴性不可分性を有し、留置権を除いて物上代位という性質を持つ。

a:1043 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional